ぴーすの杜とは

私たちが目指すもの

s-6s
「ぴーすの杜」の名前は、子ども達、ご家族、働くスタッフすべてが、楽しく、ぴーす(PEACE)と笑顔になってくれるような場になれるようにという想いを込めてつけました。

また、運動をとおしたサポートを念頭に、発達や成長が気になるお子様の成長に、少しでもお役に立てればと思い、この度のスタートにいたりました。
「ぴーすの杜」は、こころの豊かさを養い、可能性をのばしていけるよう努めてまいります。
ひとりひとりの個性に向き合えるサービスをこころがけてまいります。

事前にご連絡いただければ、見学・相談を受け付けております。

長年発達支援に携わってきたスタッフや専門知識をもったスタッフがいっしょにサポート計画の立案をさせていただきます。
微力ではありますが、子どもたちとそのご家族のサポートができるようスタッフ一同努めてまいります。

 





ぴーすの杜運営方針

・「ぴーすの杜」では、一人ひとりの支援計画をご家族との話し合いと指導員全員の話し合いによって、最良のものを創り上げていきます。

・「ぴーすの杜」では、子どもたちとその家族の安らかな時間つくりができるよう常に心がけていきます。

・「ぴーすの杜」では、運動を柱として、ひとりひとりの運動不足解消や体幹の強化、社会性を高めることを療育の目的としています。

・「ぴーすの杜」では、さまざまなイベントを通して子ども達の心の豊かさを養いながらひとりひとりの可能性をのばしていけるよう心がけていきます。

「ぴーすの杜」は、その子の状態を考慮しながら活動をしています。

運動が好きな子ばかりではありません。
無理には絶対にさせません。
なぜなら、運動をキライになったら元も子もなくなるからです。
運動を好きになってほしい。
身体を動かすのを好きになってほしい。
できるできないは、人それぞれだけど、できることから少しずつ、楽しくやってほしい。
だから、ムリは絶対にさせません。
だけど、みんなが楽しそうにしているのを見て、興味、関心をもってくれたなら、
「やってみよっか?」と声をかけます。
チャンスを見逃さないようにしています。
これは、運動だけでなく、ぴーすの杜でのすべての体験学習においても同様です。
好きなことから、少しずつ、楽しくやれるように心がけています。




協力医療機関

医療法人 五十嵐小児科
〒981-3203
仙台泉区高森4丁目2-536
http://www.igarashi-ped.com/

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換